« 【海外出張】タイ(バンコク)出張 | トップページ

2017年11月13日 (月)

スピンオフに係る組織再編税制について

スピンオフとは、会社の一部門を分離独立させ、別会社として経営させることで

す。

 

 

大企業では不採算部門の分離やコングロマリットディスカウントを解消するため

に用いられますが、中小企業でも会社を分けることで法人税の軽減税率を使える

額が増えるなど税負担軽減に有用です。

 

 

税法用語でいうと「単独新設分割型分割」と言うのですが、以前は特定の者に支

配されていない会社が行うものについて、移転する資産を時価で売ったものとし

て譲渡益に課税されたり、株主に配当がされたものとして課税されたり、税制的

に不利な扱いを受けていました。

 

 

現在は下記の要件を満たす場合、上記のような不利な扱いを受けることがなくな

っています。

 

 

① 金銭等不交付要件

 

この仕組みを使うにあたって動くものは新しく作られた法人の株式のみである

こと。(原則としてお金は動かない)

またその株式は分離元の法人の株主にその保有割合に応じて分配されること。

 

 

② 非支配要件

 

この仕組みを使った後、新しく作られた法人が他の者に支配されない見込みであ

ること。

 

 

③ 役員引継要件

 

分離元の法人の役員や重要な使用人のいずれかが、新しく作られた法人の一定の

役員となる見込みであること。

 

 

④ 主要資産負債移転要件

 

分離される事業の主要な資産及び負債が新しく作られた法人に移転していること。

 

 

⑤ 従業者引継要件

 

分離される事業に係る従業者のおおむね80%以上が新しく作られた法人の事業に

従事する見込みであること。

 

 

⑥ 事業継続要件

 

分離される事業が新しく作られた法人で引き続き行われる見込みであること。

 

 

かなり複雑ですが、要は会社を分けただけで実体は変わりませんよということで

あれば課税されないということです。

 

 

スピンオフに限らず、今ある組織の問題点を解決する方法として、組織再編税制

は特効薬となる可能性を秘めています。しかしこの税制はかなり複雑なものとな

っており、またその手法も多種多様です。税金やコストなどを考慮の上で最善の

方法を模索する必要があります。

 

 

あすか税理士法人では、組織再編に関するコンサルティングも行っておりますの

でお気軽にお問合せ下さい。

 

 

あすか税理士法人

大井 幸助

« 【海外出張】タイ(バンコク)出張 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2363367/72202797

この記事へのトラックバック一覧です: スピンオフに係る組織再編税制について:

« 【海外出張】タイ(バンコク)出張 | トップページ